コース紹介 80k③ A3山本小屋~A4和田宿

コース担当ゆうじんです。
この区間は、2000mの美ヶ原高原から今度は一気に1,000m豪快に一気下りする、
素晴らしいトレイルがつづきます!(途中から林道ですけどね。)
ガレやゴロゴロの岩稜ポイントは振り返ると圧巻です!!
ぜひ振り返って見てくださいネ

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickでおおきくなります。また、MAP上の注釈は昨年のもので参考にならないこともあることを
ご了承ください

2014 美ヶ原map 0511

2014 美ヶ原map 0511
A3第1関門山本小屋-A4第2関門和田宿までをご紹介します。
青いテープのあるところはそれを参考にしてください。

 

B01
物見石山入り口0
A3山本小屋からさらにコースを進みます。写真上のふるさと館の前を通り、駐車場を直進して
ビーナスラインに出ます。注意して横断して左方向へ。
700mほど進むとT字路があるので右折し、100mほどで写真下のGポイント物見石山登山口から
コースに入ります。
(本コースはビーナスライン合流後、約300m先から右側の丘陵地帯に入りますが、分かりずらい
ので、舗装路でご案内します。ただし、自信のある方はどうぞ!)

DSC_7214
途中分岐を右にすすみ物見石山山頂から左方向へ分水嶺トレイル上をすすみます。
ポイントHの分岐を左方向へ。ここからは昨年と別ルートになります

006
Iポイントを右方向へ下りて行きます。頂上公園に行かないように!
別荘地脇の心地の良いトレイルを2㎞弱下っていくと、非常にわかりずらいポイントJがあります。
複数の青テープを貼ってるので、そこから右方向へ300m道なき道を下りていくと林道に合流。
鳥居まで行ったら×です

DSC_7081
こんなところを下りてきます。途中倒木や藪などあるので、注意して進んでください。
この区間は、本番も手をいれない可能性もありますことをご了承ください

 

018
林道をテープに沿ってひたすら下りてくると左側に鹿柵がでてくるので、右方向へ100m進み
もう一つの鹿柵から道路へでます。
ここからはマップに沿ってお願いします。
A4和田宿は、趣きのある旧中山道沿いの米屋鐵五郎という食堂前に設営予定です。

次回は、40kの続きをご案内します。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

美ヶ原ムービー紹介 ~茶臼山2,006m

 

お世話さまです。
コース担当のゆうじんです。

たまには動画でも!ということで、80kいや美ヶ原トレイルランにおいて最高到達点である
茶臼山(2,006m)の動画をアップします。

モデルは、第1回の2011年35k女子2位、第2回の2012年美ヶ原トレイルランの1st70k女子優勝の西田由香里です。
2014年UTMFにおいても、女子総合8位で入賞こそ逃しましたが、堂々日本人女子1位は記憶に新しいところです。
尚、6/1は美ヶ原トレイル講習会の特別講師として、オリジナルのレクチャーやるのでよろしくお願いします。

じつはこの茶臼山~牧場へぬけるポイント、私はこの美ヶ原トレイルのなかで最も好きです。
映像で見えるかはわかりませんが、神々しくそびえる北アルプス……見えますか?
画面右下の船の舵みたいなアイコンをクリックして、「1080p」でお楽しみください!

さて、当大会も本番まで残すところ1ヶ月余りとなりました。
ただいま、大雪その他の影響による倒木などの撤去にかなり頭を悩ませています~。
なんとかしますけどね!
それでは

コース紹介 80k② A1和田峠~A2扉峠~A3山本小屋

コース担当ゆうじんです
今回は、これぞ美ヶ原!という2000m級の2座、三峰山(1,887m)と
レース最高到達点の茶臼山(2,006m)を含むセクションのご紹介です。
日本の屋根である3,000m級の日本アルプスをすこし遠くに眺めながら、御嶽山、頸城(くびき)山塊、
浅間山、秩父に富士山といった日本が誇る美しい山稜を一望できる最高のトレイルです!
あ、空気が澄んでればの話ですよ!
※この区間はとくに雷雨の際に逃げ場がすくないので、笹に埋まって身を隠すなど、緊急時の
 対処法をしっかりと身につけてください

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickでおおきくなります
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
A1和田峠~A2扉峠~A3山本小屋MAP(※A1~A2は上の全体図を参考にしてください)
このルートのほとんどが中央分水嶺トレイルをなぞるので、道迷いはすくないと思います

 

009
A1和田峠は農の駅の道路を渡った広場にあります。トイレ設置予定。その後、ゲレンデ跡の斜面を
登りつめ、旧中山道との合流地点があるので、右折して中央分水嶺トレイルを三峰山へむかいます

050
103_0964
103_0971
画像上1枚目は三峰山方面より望む和田峠方面。2枚目は三峰山山頂へ。
3枚目は山頂を越えてさらにつづく快適なトレイル。中央奥につぎのピークである茶臼山がみえます

080
終盤は細かなアップダウンを繰り返しつつビーナスラインに合流したら、道路左側をすすみ写真にある
ドライブイン(トイレあり・横断注意)を過ぎたらすぐ左側にある茶臼山登山口から登りはじめます

096
097
103_1022
茶臼山山頂はまたのお楽しみに! 山頂から右方向へトレイルをすすみます。
晴れれば進行方向左に屏風のようにそびえる北アルプス!眼下には美ヶ原の広大な高原が!!
牧場出口手前の分岐を左へ、砂利道に出たら右へ(トイレあり)、さらにつぎの塩くれ場の分岐を右へ。
美ヶ原台上のメインロードを900mすすむと右にA3山本小屋に着きます
牧場は希少な植物があるので気をつけて進んでください

103_1025
美ヶ原トレイルのいたるところでみるこの『きのこ汁』
今回のルート上では、和田峠の農の駅、三峰山手前右にあるドライブイン、そして山本小屋に
このきのこ汁あります。
ぜひいただいてみてくださいネ。おにぎりと一緒だとよりウマイですよ!!
だから、おにぎりを持って行きましょー♪

 

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

 

コース紹介 40k①(14k①)スタート~A7姫木平別荘地

 

こんにちは!コース担当ゆうじん(田中)です。
お待たせしました、今回は40k・14kのスタート~大門街道R152(14kは殿城登山口)を渡る手前に
設置予定(変更の可能性あり)のA7(姫木平別荘地広場ウォーターステーション)までをご案内します

2014 美ヶ原map 0511
コース全容 画像はClickで大きくなります
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
スタート~A7姫木平別荘地のMAP
スタートから40kはA-T-U-Vの順路です。14kはA-T-U-S

 

001ゲレンデ
ブランシュ鷹山スキー場最下をスタート後、約2㎞で400mアップします。
とくに初心者の方は脚を温存してください!

無題
ゲレンデトップの大笹峰からは、シングルトラックの中央分水嶺トレイルを左へ。
今度は標高差500mを下ります

006
気持ちのよいトレイルを下っていくと、今度はダブルトラックの林道に合流するので
右折し、道なりに下りていきます

009
Tポイント エコーバレースキー場のゲレンデに合流したら左へ

010
ゲレンデを下りて行きながら右斜め方向をめざし、最後はおおきなバーンを横切ると、
写真奥にあるレンタルスキーの建物が。さらに広い駐車場を道なりに進みます

012
016
Uポイント(写真上) ここを左方向に進みます。ここからは、少し賑やかなエコーバレースキー場
ペンション街のメインロードを走ります。
14kは、Uポイントをそのまま駐車場にそって直進し、林道から数百メートル先にあるSポイント
殿城山の入口の看板のあるトレイルを右にはいっていきます

018024
メインロードを下りてくると、右折左折をしてA7設営予定の国道前の広場にでます

※コースは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします

 

コース紹介 80k①スタート~A1和田峠

 

コース担当の田中です。
今回から、80kと40kのコースをエイドセクション毎に分けて順にご紹介します。
画像MAPにあるA~Wのポイントを中心にご説明しますが、分かりずらいセクションもありますので、
試走等については1/25000地図を入手するなどして、自己責任でお願いします。
※14kと8kウォークについては、当コース内となるので該当セクションにて一緒にご説明します。

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickで拡大します
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
スタート~A1和田峠MAP
B~Eポイント区間は中央分水嶺トレイルを外れて作業道中心の道となりますので、
ルートファインディングが難しく、試走はおすすめしません。
一応、青テープは貼ってます。

スタート後スキー場3

無題
Aポイント ブランシュ鷹山スキー場を約2㎞(標高差400mアップ)上がってくると、ゲレンデの最上部
にでます。写真の小屋を右(40k/18kは左へ)に進みシングルトラックの中央分水嶺に合流します。

無題
Bポイント ゼブラ山(男女倉山)から八島湿原方向へ約600m下りていくと、当ポイントがあるので
右折してそちらに進みます。ここから林道や作業道となります。

010

014
しばらくダブルトラックを進むと、昨年大会まで下降するべく左折したポイントをそのまま直進、
ダブルからシングルの林道を経由し、再びダブルトラックとなりすこし進んだところで、左折し
山を左に巻く道に沿って進みます。

028
D~E区間は、鉄塔に沿ったおもにシングルトラックの作業道をすすみます。

029
Eポイント ここで中央分水嶺トレイルに合流し右へ進みます。

008
ビーナスラインに合流したら右方向へ進むと、農の駅の対面にA1和田峠です。

次回は、40kと14kの前半のセクションをご紹介します!
※コースは変更する可能性があることをご了承ください

シャトルバスの受付をスタートしました。

電車でアクセスされる方には、茅野駅から、会場までのシャトルバスのご利用がおすすめです。
シャトルバスご利用の受付をスタートいたしました。
定員になり次第、受付終了いたしますので、ご予定の方はお早めにお申し込みください。

詳しくは、交通アクセスのページも合わせてご覧ください。

シャトルバス運行予定

駅ー会場 間

【料金】往復 1,500円/片道 1,000円

行き)茅野駅→鷹山会場/4日(金) 12:30、14:00、16:30 運行予定

帰り)鷹山会場→茅野駅/5日(土) 16:00、17:30、19:00 運行予定

※大会翌日7月6日の送迎バスは各宿舎から最寄りのバス停まで無料にて送迎致します。
※バス運行時間は都合により変更となる場合があります。

シャトルバスのお申し込みはこちら

レクチャー&コース試走会 受講者受付中!

今年の美ヶ原トレイルの開催日は7月5日。
レースを前に、6月1日(日)と6月14日(土)にそれぞれ事前講習会を開催します。

今回は午前中に室内講習を1時間、実走はレースコースとなるエリアをそれぞれ走ります。
講師は、過去の美ヶ原レースで優勝経験を持ち、国際姉妹レースのスイス・アイアントレイルで準優勝した西田由香里と昨年の覇者 栗原孝浩。
今シーズン国内で最も調子に乗っているトップ山岳ランナーのお二方です。

美ヶ原を知り尽くしたトップアスリートから直接指導を受ける貴重なこの機会に是非ふるってご参加下さい!

詳細・お申し込みはこちら

コース図を更新!

コース図を更新いたしました。
お待たせいたしました!

こちらは今年度の大会のコースとなりますが、速報と言う形で、一部コメントは2013年度のままとなっています。予めご了承ください。
正式なMAPは、今後も更新して参ります。
参考にご利用ください。

コース図はこちら(PDF)