大会にご参加の皆様へ [参加誓約書ダウンロード]

参加者は、以下内容をご確認ください。

(1)スケジュール

こちらのページをご確認ください

(2)持ち物

  • 参加誓約書
参加誓約書をダウンロード

PDF形式(101KB)

 

誓約書をプリントして、内容をご確認の上、署名・捺印をお願いします。
記入した誓約書は受付時にご提出下さい。

  • 参加通知ハガキ

*参加通知ハガキは6/24(火)に発送致しました。

 

(3)交通アクセス(駐車場)

電車、または車でお越しの方はこちらをご覧ください。

 

 

(4)宿泊の件について

80kmおよび40kmの参加者は、長和町内の宿泊施設にご宿泊いただくことが参加条件になっています(長野県民除く)。
まだ宿泊の手続きがお済みでない方は、長和町観光協会(TEL:0268-68-0006 FAX:0268-68-3719 メール info@nagawa.info)まで、お急ぎお申込み・お問い合わせいただきますようお願いいたします。

※宿泊いただけない方はレースへのエントリーをお断りすることになりますのでご注意下さい。なお、14km、8kmウォークは宿泊は不要ですが、ご希望の方は長和町観光協会までお申し込み下さい。

宿泊についてはこちらも合わせてご覧ください。

 

 

(5)コース

コース図、ガイダンスはこちらで確認・ダウンロード頂けます。

 

 

(6)注意事項

大会規約および注意事項を必ずお読み下さい。

2013美ヶ原トレイル動画をMt-channel(やまちゃん)でご紹介してます

こんにちは。コース担当のゆうじんです。
こちら信州松本もきょうは本降りの雨です。
おそらく標高2000mの美ヶ原高原は過酷な状況でしょうか!

そんな美ヶ原高原(A3山本小屋)の様子を、2014年オフィシャルパートナーである
Mt-channel(エムティーチャンネル:通称やまちゃん)ですこし紹介してるので、
ぜひご視聴ください!
また、”激坂”と走った誰もが記憶に残るであろう、名所(A6大門峠手前で80k・40kコース上)の
様子もご紹介してます。


動画の6分・30分あたりからです

参加通知書・シャトルバス・宿泊に関するご案内

大会にご参加の皆様へお知らせいたします。

  • 参加通知ハガキは24日に郵送します。
  • 茅野駅―会場間のシャトルバスは6月23日15:00に締切となりますのでお早目にお申込み下さい。
    交通アクセスのページへ
  • 80kmと40km(長野県民以外)の部は信州・長和町観光協会指定の宿にご宿泊いただくことを参加条件とさせていただいておりますので、宿泊のお申込みがまだの方はこちらからお申込み下さい。
    宿泊申し込みのページへ

その他の詳細情報は順次アップします。

【更新】関門についての重要なお知らせ

関門についての重要なお知らせの内容を一部変更いたしました。変更点は以下の通りです。
なお、今後も変更になる可能性がございますので、ご容赦願います。

80km関門時間の案内部分

【変更前】
第3関門 水沢峠先国道沿い 13:30

【変更後】
第3関門 水沢峠先入大門地区コース途中(今後変更ある可能性) 13:30

 

80km関門解説部分

【変更前】
第3関門
例年リタイヤ希望者の続出する水沢峠を下った国道152号沿いに選手回収ポイントを設けます。
制限時刻以降先に進むことができません。(エイドはありません)

【変更後】
第3関門
例年リタイヤ希望者の続出する水沢峠を下った入大門地区コース沿いに選手回収ポイントを設けます。(変更になる可能性がありますので更新情報にご注意ください)
制限時刻以降先に進むことができません。(エイドはありません)

【重要】関門についての重要なお知らせ

関門見直しについて

既に発表済みの80k、40kの関門通過制限に加えて、選手誘導上やむを得ず関門の見直しを行いました。
美ヶ原トレイルラン&ウォークの大会コースの地理的な問題から選手回収・移動の制約があるため、改めて以下の関門通過制限をご了承ください。
これら見直しとなった関門は例年リタイヤ者が多く発生する場所、もしくは大幅なスローペースから走行続行がほぼ不可能になる場所を考慮し設定しております。
指定場所以外でのリタイヤ者の回収は非常に困難を極めますので、ご自身のレースペース・健康状態をよく判断して次のセクションに進んでください。
また、大会進行上の問題や天候変化等の理由によりこれ以外の場所に臨時の選手回収ポイントを設けることがあります。そのような場合選手の皆様には非常に残念ですが、ご了承ください。

※選手ご本人の強い希望で関門制限以降のコース進行をされたい場合、計測チップ・ナンバーカード回収の上で大会終了後のコースを個人的にお楽しみいただくというスタンスとなります。この場合は以降のスイーパーによるフォロー、回収~フィニッシュ会場への移送も受けることができません。
[80km]
スタート 4:00
第1関門 A3山本小屋 10:00
第2関門 A4和田宿 12:30
第3関門 水沢峠先入大門地区コース途中(今後変更ある可能性) 13:30
第4関門 A5長門牧場 15:30
第5関門 A6大門峠 17:30(16時以降ライトチェック、悪天候時雨具チェックの追加有)
第6関門 殿城登山口入口 18:30
フィニッシュ制限 20:00

80km関門解説

第1関門
標高1800m以上2000m付近の場所であり天候の急変といった事態や、リタイヤ後の選手回収に非常に時間のかかる場所のため、第1関門制限時刻30分前時点でこれより手前のA1、A2に差しかかる選手は全員そこで回収されます。
特にA1、A2で関門以前の目安となる時刻よりも遅れている選手にはその時点で続行意志を確認し通過していただきます。

第3関門
例年リタイヤ希望者の続出する水沢峠を下った入大門地区コース沿いに選手回収ポイントを設けます。(変更になる可能性がありますので更新情報にご注意ください)
制限時刻以降先に進むことができません。(エイドはありません)

第6関門
制限時刻にかかるレースペースの場合、この先は標高1800m以上に登っていくためフィニッシュ時刻を大幅に超越するばかりか、疲労によって進めなくなる可能性もあるため最後の選手回収ポイントとしています。
制限時刻以降先に進むことができません。(エイドはありません)

 

[40km]
スタート 8:00
第1関門 A5長門牧場 13:30
第2関門 A6大門峠 15:30(悪天候時ライトと雨具チェックの追加有)
第3関門 殿城登山口入口 16:30
フィニッシュ制限 18:00

40km関門解説
第3関門
制限時刻にかかるレースペースの場合、この先は標高1800m以上に登っていくためフィニッシュ時刻を大幅に超越するばかりか、疲労によって進めなくなる可能性もあるため最後の選手回収ポイントとしています。
制限時刻以降先に進むことができません。(エイドはありません)

コース紹介 80k⑥・40k④・14k②・ウォーク①A6大門峠~GOAL

コース担当ゆうじんです。
コース紹介も今回で最後になりました。
ここのポイントは、なんといっても標高1,800mの分水嶺トレイルの気持ち良さです。
8kウォーク・14kの選手は、ぜひ体感してほしいです!
また80k・40kの選手は、きつくも楽しかった美ヶ原を追憶しつつ、最後の極上トレイルを
楽しんでください!!

2014 美ヶ原map 0511
MAPはClickで拡大します

2014 美ヶ原map 0511
ルートは、A4大門峠~Sポイント殿城山登山口~Aポイントゲレンデトップ~ゴールとなります

F
大門峠から九十九折に作業道を上っていくと、一度写真の分水嶺トレイルに合流し、
すぐにまた作業道にはいります

殿城
しばらくすると下りきったところで林道に合流し左折すると、写真のSポイントの殿城山登山口
にでます。
ここは、40k・80kと14kの選手が交差する場所です。

047
シングルトラックの心地良いトレイルを約300m登ると、再び1,800mの分水嶺トレイルへ!

052064056
この美ヶ原トレイルランの最後を締めくくるにふさわしい、走れる絶景トレイルです。
Aポイントからは、序盤に上ってきたゲレンデを逆方向に下ってあとは栄光のゴールです!

以上でコース紹介はおわりです。分かりずらいところもあったと思いますが、
あとは実際に走ってこの”美ヶ原”を思いっきり楽しんでください。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

コース紹介 80k⑤・40k③A5長門牧場~A6大門峠

コース担当ゆうじんです。
さあ、高低差の少ない森セクションに突入です。
ここはシングルトラックが約10㎞続く、このキツイ美ヶ原トレイルのなかでも
癒し系のセクションです。
しかし!やはり美ヶ原は甘くないです。終盤に”激坂”と呼ばれる走った誰もが
愛してやまない難所がしっかりとありますので(笑)

2014 美ヶ原map 0511
マップはClickで拡大します
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
Pポイント~Q-Rを経由してA6大門峠の最終エイド区間です

 

017牧場
上の写真Pは、A5から来る40kの選手と牧場を周回して来る80kの選手が再び合流するポイントです。
写真奥の鉄塔より分水嶺トレイルが始まります!

e7
e4
e5
川のせせらぎが心地よい牛首を通り抜け、女神湖ちかくにあるサッカーグラウンドQポイントで
一度舗装路に合流、程なく分水嶺トレイルに復帰します。
とくにここからは森の走りやすいトレイルで最高に気持ちよいです

E
渡渉ポイントは、雨後に増水してることもあるので慎重に渡ってください

e6
40kの選手は、往路で写真右奥から手前に走って通った橋Rポイントを、今度は80Kの選手と共に
写真の橋手前左から来て橋を渡ったらすぐ左に進みます

E2
途中、約130mの長さの”激坂”と皆が口を揃えて言う難所が立ちふさがります!
ここを耐えて登りつめれば、1㎞弱で最終エイドであるA6大門峠です。
さあ、ファイナルセクションは、再び天空の中央分水嶺の稜線へ!!

次回はようやく感動のゴール!
すべてのカテゴリーを含む最終セクション、A6大門峠~ゴールをご紹介します。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

 

コース紹介 80k④ A4和田宿~A5長門牧場

コース担当のゆうじんです
このセクションは、A4和田宿前後の約2~3kmの舗装路が、晴れて気温があがるととくに
キツイと評判ですので、きっちりと水分補給をお願いします。
また、A4を出たものの、約2kmで200mアップ&ダウンする水沢峠を越えた後、A5長門牧場への
約10㎞の林道上りを断念してしまう方が例年続出する、難セクションでもあるんです。
あ、この峠越えと林道ではとくに熊鈴を忘れずに!

2014 美ヶ原map 0511
マップはClickで拡大します
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
写真上にあるA4和田宿~A5長門牧場までをご紹介します。
※試走をする際は、水沢峠区間は青テープを参考にしてください。それ以外は地図を参考にお願いします

102_0694
A4以降は舗装をつないで途中から川沿い北にむかうと発電所の裏からLポイントの水沢峠入口が。

水沢峠
倒木や湿地帯があります。また野生動物も多数棲息しているので、熊鈴をつけてください

102_0722
higashizawa
水沢峠から下りてきてMポイントの鹿柵を通り越して舗装路へでます。Nポイントの国道のアンダーパス
をくぐり、長門牧場へつづく東沢林道を約10㎞上っていきます

005
Oポイントを左折、ここから40kの選手と合流します。1㎞強でA5長門牧場です

022028arupaka
牧場に入ってすぐエイドステーションがあります。その後、80kは牧場を周回するべく左方向へ。
アルパカのいる(であろう)レストハウス前の特別エイドステーションを経由して、
A6大門峠へむかいます。さあ、ここからは再び中央分水嶺トレイルです!

次回は、40k・80k同ルートの、A6大門峠までつづく森のシングルトラック
約10㎞のセクションをご紹介します

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

コース紹介 40k② A7姫木平~A5長門牧場

コース担当のゆうじんです。
先日は、2014年美ヶ原トレイルラン&ウォークでは第1回目となる講習会を開催!
天気も良く、参加者21人+STAFF達は、レース終盤のA5長門牧場先の女神湖~ゴールまでを
駆け抜けました。
私もコースの踏査や撮影で、美ヶ原に入ることもここのところ頻繁になってきましたが、
何度来ても、やはり日本で3本の指にはいるコースと言っていいんじゃないですか?!

とにかく変化に富んでるんです!!
はい、きょうはその中でもほとんど変化に富んでない区間のご紹介をします(笑)
試走については、青テープを参考にしてください

※マップ上の注釈については、昨年のものもあるので参考にならない箇所もあることを
 ご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickで拡大します

2014 美ヶ原map 0511
写真黄緑色のライン40kの “V~P”の約12㎞をご紹介します

 

 

027
国道を渡り建物と建物の間を斜めに通り抜け、池の階段を上っていきます
このVポイントにA7(ウォーターステーション)を設営する予定です

004
008
池を通り、中央分水嶺トレイルの看板にそって進みます

015
016
門を抜けて本沢の橋が、地図上のRポイントです。ここは終盤に80kの選手と一緒に逆方向から
進んでくる複合ポイントでもあります

018
林道が約10㎞つづきます。途中に枝分かれした道があったりしますが、とにかく本道を進んでください
緩やかなアップダウンがつづきますが、わりと走れてしまうダブルトラックなんですね。
案内人(私)のように途中で泣かないでください。。。(笑) 
しかし、この後にはゴキゲンなトレイルが待ってるんです。ファイト!!

006
Oポイントは、80k(前方から来る)の選手達との合流ポイントです。
右方向に進みます。ここから1㎞強でつぎのエイド!ガンバ~!

012
PポイントのA5長門牧場です。80kの選手はA5の後は牧場周回へ
40kの選手はそのまま復路でA6大門峠へ向かいます。
さあ、ここから約10㎞は森の素晴らしいトレイル区間のはじまりです!
カッ飛んでいきますか!(ゆっくり歩いてももちろん楽しいコースです。無理はせぬように!!)

029
牧場のレストハウス前にいるアルパカです。残念ながら40kの選手のコース上ではないですが、
試走やまた別の機会があれば会いにいってみては? ずーっと草食べてますが!(笑)

次回は、80kコースの続きで、A4和田宿~A5長門牧場までのセクションをお伝えします。
40kのコースもA5長門牧場以降は80kと同じコースなので、次々回に一緒にお伝えします。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。