コースディレクターより、第4回大会を終えて 

 

“第4回美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ”
コースディレクターのゆうじんこと田中裕二です。

 

10500482_264383353747771_8255621706556229395_n

 

まずは、当レースに参加された選手の皆さまお疲れ様でした。

今回のレースは、あいにくの雨中のスタートとなり、また数日前からの雨による
コース状況の悪化もあり、様々な面でとても難しく過酷なレースとなりました。
とくに、前日と当日未明の大雨はレース開催に黄信号がともり、午後から好天、との予報も
相まって本部はレース開催に難しい判断を迫られました。

トレイルへのインパクト一つとってみても、雨中のレースが与える度合いは
雨じゃないときに比べると大きく、これについては、当レースのみならずトレイルランニング界
全体の評価へも影響も与える可能性もあり、ただいま事後処理に当たっているところです。

今回も例年にならい、当然ながら翌日からレース後のトレイル状況を写真に収め、県側の調査と併せて
トレイルへの影響と復旧の目途を立てて、このたびのレースの報告並びに来年以降の開催の是非を問う
運びとなります。

 

45

 

また、こちらの知る限りで一件、遺憾ながらレース終盤にさしかかるトレイルにて、
選手が倒木で怪我をされるという事故が起こりました。
主催者一同、負傷された選手の一日も早い御回復をお祈りいたします。
また、偶然にもその事故当時に通りがかった何人もの選手の方には、ご自分のレースを
顧みずに救護にあたっていただいたこと、大変感謝しております。

今回の”美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ” の開催については、以上のことから
賛否ご意見たくさんいただいてます。
たくさんのレースに関わってきた主催者代表をはじめとする、実行委員で開催に踏み切った
わけですが、参加された選手の皆さまはどのような感想をお持ちだったのでしょうか。
きっと参加者の数だけ想いがあるはずですよね。
ぜひとも、info@fields-co.jp や
Facebookページの”美ヶ原トレイルラン&ウォーク”などでもご意見をいただけたらと
思います。

10502108_264383447081095_3540675731979177688_n

レースを中止にするのはもっともリスクの少ない選択肢でありますし、スタートを遅らせて
様子を見ながらスタートをさせる、などはカテゴリーにもよりますが、運営上現実的ではありません。
またトレイルにインパクトを与えるから人数を減らすことも考えられますが、どのように減らすのか。

難しい問題ですが、こちらもこの度の大会の経験をいかすべく、真摯に学んでいきたいと思っております。

 

10514724_264383383747768_6429366658316554607_n

 

さて、反省点や改善点がある反面、たくさんの高評価のお声も届いてます。
どうしてもやりたかった、幅3mという狭いゴールへの花道。
ただ、いまはそんなことに言及する場合ではないことも分かっているつもりですが…。

私自身、この”美ヶ原”に関わって4回目。おそらく誰よりもこのコースに入ってきているし、
誰よりも想い入れが深いと自負してますが、いつも無力さを痛感してます。
しかしながら、年々情熱をもったSTAFFが呼応して増えてくれてきたので、なんともありがたい限りです。
ぜひとも皆で育てていきたいものです。

10419499_264379363748170_1712679740153706566_n

 

レース後は、ただいま事後処理等をやりつつ、個人的には来年については白紙です。
もしやれるとしたら、また新たな仕掛けを考えます。

最後に、
この美ヶ原トレイルのスタートラインに立っていただいたすべての選手の皆様
(様々なことを案じてスタートラインに並ばなかったかたも含めて)
その選手達をささえていただいた、すべてのSTAFFの皆様と町や関係者の皆様
そして、年々想い入れが強くなる、”美ヶ原トレイル”

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。

2014コースディレクターゆうじん