第4回大会を終えて

レースディレクター 野々山 晴之(フィールズ代表)

これまで4回開催してきた美ヶ原トレイルラン&ウォークの中で、今年は4種目に約1300の参加者が訪れ最も盛況な大会となった。平均完走率は78%となり、今回さらに距離を伸ばしたメイン種目の80kコースでは58%の方が見事完走を果たした。

一方で課題の多い大会でもあった。毎回レースにはさまざまなアクシデントがつきものだが、今回は特に、大会当日の朝まで降り続いた雨後のコースを走ることによる影響がどの程度であったかということ。昼頃から晴れという開催地の天気予報通り徐々に回復してきたが、コースは場所によってはぬかるみ荒れてしまう結果となった。レース翌日から数回に分けてコースを見回ったが、場所によっては補修整備を必要とする個所が数ヵ所あった。関係所管にも報告をし、レースの翌週末には10数名のスタッフとボランティアを買ってでていただいた方とでコースの整備にあたった。日数の経過もありさほどのダメージは見受けなかったが、今後も経過を見ながら元の状態に戻るまで運営スタッフとともに手当てを行っていきます。

なお、本件については参加者、関係者の方々からもご心配、ご意見、ご指摘をいただきました。今回の経験を踏まえ、さらにレース運営を慎重に、真摯に取り組んで行く所存です。

report01 report02

そしてもうひとつ、レース中に起こった予期せぬランナーの怪我。ご本人にはなんとも申し上げる言葉がないが、コース上に居合わせた数名のランナーの献身的なケアにより、救助活動を迅速に補助していただいた。ご自身のレースを投げ打って救助にあたっていただいたランナーの方々にはこの場を借りて深くお礼申し上げます。

自然の中で行うスポーツのためランナーも主催者もさまざまなリスクを背負いレースに参加しているということをあらためて考えさせられる事案であった。

怪我をされたランナーの方は今後しばらく治療に専念されるとのことだが、来年は必ず復活してゴールしてみせると、自身に誓っておられた。一日も早い回復をお祈りしています。

オフィシャルパートナーのMt-channel(やまちゃん)今夜配信します。

17x7mc

コースディレクターのゆうじんこと田中裕二です。

2014年の”4th美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ”の開催が決定した今春にお約束した、
私共の運営している山岳WEB-TVのMt-channel(エムティーチャンネル・通称やまちゃん)にて、
今回の美ヶ原トレイルランの模様を動画や写真で他のコンテンツと一緒に、今夜9時からお送りします。
http://www.ustream.tv/channel/mt-channel1

生配信でも、またはアーカイブスからでもご視聴可能ですので、よろしければぜひご覧ください。

 

コースディレクターより、第4回大会を終えて 

 

“第4回美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ”
コースディレクターのゆうじんこと田中裕二です。

 

10500482_264383353747771_8255621706556229395_n

 

まずは、当レースに参加された選手の皆さまお疲れ様でした。

今回のレースは、あいにくの雨中のスタートとなり、また数日前からの雨による
コース状況の悪化もあり、様々な面でとても難しく過酷なレースとなりました。
とくに、前日と当日未明の大雨はレース開催に黄信号がともり、午後から好天、との予報も
相まって本部はレース開催に難しい判断を迫られました。

トレイルへのインパクト一つとってみても、雨中のレースが与える度合いは
雨じゃないときに比べると大きく、これについては、当レースのみならずトレイルランニング界
全体の評価へも影響も与える可能性もあり、ただいま事後処理に当たっているところです。

今回も例年にならい、当然ながら翌日からレース後のトレイル状況を写真に収め、県側の調査と併せて
トレイルへの影響と復旧の目途を立てて、このたびのレースの報告並びに来年以降の開催の是非を問う
運びとなります。

 

45

 

また、こちらの知る限りで一件、遺憾ながらレース終盤にさしかかるトレイルにて、
選手が倒木で怪我をされるという事故が起こりました。
主催者一同、負傷された選手の一日も早い御回復をお祈りいたします。
また、偶然にもその事故当時に通りがかった何人もの選手の方には、ご自分のレースを
顧みずに救護にあたっていただいたこと、大変感謝しております。

今回の”美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ” の開催については、以上のことから
賛否ご意見たくさんいただいてます。
たくさんのレースに関わってきた主催者代表をはじめとする、実行委員で開催に踏み切った
わけですが、参加された選手の皆さまはどのような感想をお持ちだったのでしょうか。
きっと参加者の数だけ想いがあるはずですよね。
ぜひとも、info@fields-co.jp や
Facebookページの”美ヶ原トレイルラン&ウォーク”などでもご意見をいただけたらと
思います。

10502108_264383447081095_3540675731979177688_n

レースを中止にするのはもっともリスクの少ない選択肢でありますし、スタートを遅らせて
様子を見ながらスタートをさせる、などはカテゴリーにもよりますが、運営上現実的ではありません。
またトレイルにインパクトを与えるから人数を減らすことも考えられますが、どのように減らすのか。

難しい問題ですが、こちらもこの度の大会の経験をいかすべく、真摯に学んでいきたいと思っております。

 

10514724_264383383747768_6429366658316554607_n

 

さて、反省点や改善点がある反面、たくさんの高評価のお声も届いてます。
どうしてもやりたかった、幅3mという狭いゴールへの花道。
ただ、いまはそんなことに言及する場合ではないことも分かっているつもりですが…。

私自身、この”美ヶ原”に関わって4回目。おそらく誰よりもこのコースに入ってきているし、
誰よりも想い入れが深いと自負してますが、いつも無力さを痛感してます。
しかしながら、年々情熱をもったSTAFFが呼応して増えてくれてきたので、なんともありがたい限りです。
ぜひとも皆で育てていきたいものです。

10419499_264379363748170_1712679740153706566_n

 

レース後は、ただいま事後処理等をやりつつ、個人的には来年については白紙です。
もしやれるとしたら、また新たな仕掛けを考えます。

最後に、
この美ヶ原トレイルのスタートラインに立っていただいたすべての選手の皆様
(様々なことを案じてスタートラインに並ばなかったかたも含めて)
その選手達をささえていただいた、すべてのSTAFFの皆様と町や関係者の皆様
そして、年々想い入れが強くなる、”美ヶ原トレイル”

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。

2014コースディレクターゆうじん

2013美ヶ原トレイル動画をMt-channel(やまちゃん)でご紹介してます

こんにちは。コース担当のゆうじんです。
こちら信州松本もきょうは本降りの雨です。
おそらく標高2000mの美ヶ原高原は過酷な状況でしょうか!

そんな美ヶ原高原(A3山本小屋)の様子を、2014年オフィシャルパートナーである
Mt-channel(エムティーチャンネル:通称やまちゃん)ですこし紹介してるので、
ぜひご視聴ください!
また、”激坂”と走った誰もが記憶に残るであろう、名所(A6大門峠手前で80k・40kコース上)の
様子もご紹介してます。


動画の6分・30分あたりからです

コース紹介 80k⑥・40k④・14k②・ウォーク①A6大門峠~GOAL

コース担当ゆうじんです。
コース紹介も今回で最後になりました。
ここのポイントは、なんといっても標高1,800mの分水嶺トレイルの気持ち良さです。
8kウォーク・14kの選手は、ぜひ体感してほしいです!
また80k・40kの選手は、きつくも楽しかった美ヶ原を追憶しつつ、最後の極上トレイルを
楽しんでください!!

2014 美ヶ原map 0511
MAPはClickで拡大します

2014 美ヶ原map 0511
ルートは、A4大門峠~Sポイント殿城山登山口~Aポイントゲレンデトップ~ゴールとなります

F
大門峠から九十九折に作業道を上っていくと、一度写真の分水嶺トレイルに合流し、
すぐにまた作業道にはいります

殿城
しばらくすると下りきったところで林道に合流し左折すると、写真のSポイントの殿城山登山口
にでます。
ここは、40k・80kと14kの選手が交差する場所です。

047
シングルトラックの心地良いトレイルを約300m登ると、再び1,800mの分水嶺トレイルへ!

052064056
この美ヶ原トレイルランの最後を締めくくるにふさわしい、走れる絶景トレイルです。
Aポイントからは、序盤に上ってきたゲレンデを逆方向に下ってあとは栄光のゴールです!

以上でコース紹介はおわりです。分かりずらいところもあったと思いますが、
あとは実際に走ってこの”美ヶ原”を思いっきり楽しんでください。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

コース紹介 80k⑤・40k③A5長門牧場~A6大門峠

コース担当ゆうじんです。
さあ、高低差の少ない森セクションに突入です。
ここはシングルトラックが約10㎞続く、このキツイ美ヶ原トレイルのなかでも
癒し系のセクションです。
しかし!やはり美ヶ原は甘くないです。終盤に”激坂”と呼ばれる走った誰もが
愛してやまない難所がしっかりとありますので(笑)

2014 美ヶ原map 0511
マップはClickで拡大します
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
Pポイント~Q-Rを経由してA6大門峠の最終エイド区間です

 

017牧場
上の写真Pは、A5から来る40kの選手と牧場を周回して来る80kの選手が再び合流するポイントです。
写真奥の鉄塔より分水嶺トレイルが始まります!

e7
e4
e5
川のせせらぎが心地よい牛首を通り抜け、女神湖ちかくにあるサッカーグラウンドQポイントで
一度舗装路に合流、程なく分水嶺トレイルに復帰します。
とくにここからは森の走りやすいトレイルで最高に気持ちよいです

E
渡渉ポイントは、雨後に増水してることもあるので慎重に渡ってください

e6
40kの選手は、往路で写真右奥から手前に走って通った橋Rポイントを、今度は80Kの選手と共に
写真の橋手前左から来て橋を渡ったらすぐ左に進みます

E2
途中、約130mの長さの”激坂”と皆が口を揃えて言う難所が立ちふさがります!
ここを耐えて登りつめれば、1㎞弱で最終エイドであるA6大門峠です。
さあ、ファイナルセクションは、再び天空の中央分水嶺の稜線へ!!

次回はようやく感動のゴール!
すべてのカテゴリーを含む最終セクション、A6大門峠~ゴールをご紹介します。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

 

コース紹介 80k④ A4和田宿~A5長門牧場

コース担当のゆうじんです
このセクションは、A4和田宿前後の約2~3kmの舗装路が、晴れて気温があがるととくに
キツイと評判ですので、きっちりと水分補給をお願いします。
また、A4を出たものの、約2kmで200mアップ&ダウンする水沢峠を越えた後、A5長門牧場への
約10㎞の林道上りを断念してしまう方が例年続出する、難セクションでもあるんです。
あ、この峠越えと林道ではとくに熊鈴を忘れずに!

2014 美ヶ原map 0511
マップはClickで拡大します
※マップ上のポイント注釈は一部昨年のものを使用していることをご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
写真上にあるA4和田宿~A5長門牧場までをご紹介します。
※試走をする際は、水沢峠区間は青テープを参考にしてください。それ以外は地図を参考にお願いします

102_0694
A4以降は舗装をつないで途中から川沿い北にむかうと発電所の裏からLポイントの水沢峠入口が。

水沢峠
倒木や湿地帯があります。また野生動物も多数棲息しているので、熊鈴をつけてください

102_0722
higashizawa
水沢峠から下りてきてMポイントの鹿柵を通り越して舗装路へでます。Nポイントの国道のアンダーパス
をくぐり、長門牧場へつづく東沢林道を約10㎞上っていきます

005
Oポイントを左折、ここから40kの選手と合流します。1㎞強でA5長門牧場です

022028arupaka
牧場に入ってすぐエイドステーションがあります。その後、80kは牧場を周回するべく左方向へ。
アルパカのいる(であろう)レストハウス前の特別エイドステーションを経由して、
A6大門峠へむかいます。さあ、ここからは再び中央分水嶺トレイルです!

次回は、40k・80k同ルートの、A6大門峠までつづく森のシングルトラック
約10㎞のセクションをご紹介します

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

コース紹介 40k② A7姫木平~A5長門牧場

コース担当のゆうじんです。
先日は、2014年美ヶ原トレイルラン&ウォークでは第1回目となる講習会を開催!
天気も良く、参加者21人+STAFF達は、レース終盤のA5長門牧場先の女神湖~ゴールまでを
駆け抜けました。
私もコースの踏査や撮影で、美ヶ原に入ることもここのところ頻繁になってきましたが、
何度来ても、やはり日本で3本の指にはいるコースと言っていいんじゃないですか?!

とにかく変化に富んでるんです!!
はい、きょうはその中でもほとんど変化に富んでない区間のご紹介をします(笑)
試走については、青テープを参考にしてください

※マップ上の注釈については、昨年のものもあるので参考にならない箇所もあることを
 ご了承ください

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickで拡大します

2014 美ヶ原map 0511
写真黄緑色のライン40kの “V~P”の約12㎞をご紹介します

 

 

027
国道を渡り建物と建物の間を斜めに通り抜け、池の階段を上っていきます
このVポイントにA7(ウォーターステーション)を設営する予定です

004
008
池を通り、中央分水嶺トレイルの看板にそって進みます

015
016
門を抜けて本沢の橋が、地図上のRポイントです。ここは終盤に80kの選手と一緒に逆方向から
進んでくる複合ポイントでもあります

018
林道が約10㎞つづきます。途中に枝分かれした道があったりしますが、とにかく本道を進んでください
緩やかなアップダウンがつづきますが、わりと走れてしまうダブルトラックなんですね。
案内人(私)のように途中で泣かないでください。。。(笑) 
しかし、この後にはゴキゲンなトレイルが待ってるんです。ファイト!!

006
Oポイントは、80k(前方から来る)の選手達との合流ポイントです。
右方向に進みます。ここから1㎞強でつぎのエイド!ガンバ~!

012
PポイントのA5長門牧場です。80kの選手はA5の後は牧場周回へ
40kの選手はそのまま復路でA6大門峠へ向かいます。
さあ、ここから約10㎞は森の素晴らしいトレイル区間のはじまりです!
カッ飛んでいきますか!(ゆっくり歩いてももちろん楽しいコースです。無理はせぬように!!)

029
牧場のレストハウス前にいるアルパカです。残念ながら40kの選手のコース上ではないですが、
試走やまた別の機会があれば会いにいってみては? ずーっと草食べてますが!(笑)

次回は、80kコースの続きで、A4和田宿~A5長門牧場までのセクションをお伝えします。
40kのコースもA5長門牧場以降は80kと同じコースなので、次々回に一緒にお伝えします。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

コース紹介 80k③ A3山本小屋~A4和田宿

コース担当ゆうじんです。
この区間は、2000mの美ヶ原高原から今度は一気に1,000m豪快に一気下りする、
素晴らしいトレイルがつづきます!(途中から林道ですけどね。)
ガレやゴロゴロの岩稜ポイントは振り返ると圧巻です!!
ぜひ振り返って見てくださいネ

2014 美ヶ原map 0511
画像はClickでおおきくなります。また、MAP上の注釈は昨年のもので参考にならないこともあることを
ご了承ください

2014 美ヶ原map 0511

2014 美ヶ原map 0511
A3第1関門山本小屋-A4第2関門和田宿までをご紹介します。
青いテープのあるところはそれを参考にしてください。

 

B01
物見石山入り口0
A3山本小屋からさらにコースを進みます。写真上のふるさと館の前を通り、駐車場を直進して
ビーナスラインに出ます。注意して横断して左方向へ。
700mほど進むとT字路があるので右折し、100mほどで写真下のGポイント物見石山登山口から
コースに入ります。
(本コースはビーナスライン合流後、約300m先から右側の丘陵地帯に入りますが、分かりずらい
ので、舗装路でご案内します。ただし、自信のある方はどうぞ!)

DSC_7214
途中分岐を右にすすみ物見石山山頂から左方向へ分水嶺トレイル上をすすみます。
ポイントHの分岐を左方向へ。ここからは昨年と別ルートになります

006
Iポイントを右方向へ下りて行きます。頂上公園に行かないように!
別荘地脇の心地の良いトレイルを2㎞弱下っていくと、非常にわかりずらいポイントJがあります。
複数の青テープを貼ってるので、そこから右方向へ300m道なき道を下りていくと林道に合流。
鳥居まで行ったら×です

DSC_7081
こんなところを下りてきます。途中倒木や藪などあるので、注意して進んでください。
この区間は、本番も手をいれない可能性もありますことをご了承ください

 

018
林道をテープに沿ってひたすら下りてくると左側に鹿柵がでてくるので、右方向へ100m進み
もう一つの鹿柵から道路へでます。
ここからはマップに沿ってお願いします。
A4和田宿は、趣きのある旧中山道沿いの米屋鐵五郎という食堂前に設営予定です。

次回は、40kの続きをご案内します。

※コースやルールは変更する可能性があることをご了承ください。
また試走はルールとマナーを守り自己責任でお願いします。

美ヶ原ムービー紹介 ~茶臼山2,006m

 

お世話さまです。
コース担当のゆうじんです。

たまには動画でも!ということで、80kいや美ヶ原トレイルランにおいて最高到達点である
茶臼山(2,006m)の動画をアップします。

モデルは、第1回の2011年35k女子2位、第2回の2012年美ヶ原トレイルランの1st70k女子優勝の西田由香里です。
2014年UTMFにおいても、女子総合8位で入賞こそ逃しましたが、堂々日本人女子1位は記憶に新しいところです。
尚、6/1は美ヶ原トレイル講習会の特別講師として、オリジナルのレクチャーやるのでよろしくお願いします。

じつはこの茶臼山~牧場へぬけるポイント、私はこの美ヶ原トレイルのなかで最も好きです。
映像で見えるかはわかりませんが、神々しくそびえる北アルプス……見えますか?
画面右下の船の舵みたいなアイコンをクリックして、「1080p」でお楽しみください!

さて、当大会も本番まで残すところ1ヶ月余りとなりました。
ただいま、大雪その他の影響による倒木などの撤去にかなり頭を悩ませています~。
なんとかしますけどね!
それでは